まだ間に合う!忘年会・新年会の資金稼ぎはパチンコ派遣がおすすめ

ビールで乾杯

厳しい残暑を乗り越え、紅葉を意識し始めると一気に寒くなりますよね。年々、ニュースで見るのは「今年のインフルエンザは最強説」です。毎年、最強説をニュースで見ると10年後のインフルエンザがどれくらいの脅威レベルになっているのかを想像して笑えます。
さて、そんなニュースを見かけるようになると、そろそろ年末年始のことを考え始める方は多いのではないでしょうか?年末になるとクリスマスや忘年会、年を越すと新年会などイベントがたくさんあります。友達や恋人、家族、バイトや正社員に関わらず職場の方など、飲み会をする回数も増えます。せっかくのイベントだからこそ楽しく盛り上がりたいと思う一方で、財布の中身を気にしないといけない現実もありますよね。 そこで、今回は忘年会・新年会シーズンについて触れていきたいと思います。

忘年会の由来

そもそも日本の忘年会は、鎌倉時代に年末に行われた『としわすれ』と呼ばれる会が起源のようです。しかし当時は、現在のような飲み会の忘年会スタイルとは程遠く、和歌を読むのが目的で、静かで厳かな行事だったそうです。ちなみに、現在の忘年会スタイルに近づいたのは江戸時代で、一般庶民が1年間の憂さを晴らすために親しい者が年末に酒を酌み交わす習慣が生まれたと言われています。ただし、武士は新年に新たな気持ちで主君に忠誠を誓う『新年会』を重視し、『忘年会』は開かなかったそうです。その後、今のようなどんちゃん騒ぎの忘年会が定着したのが明治時代です。年末に里帰りしなかった学生や、お給料やボーナスが出て懐が暖かい官僚が、御用納め(ごようおさめ ※1)をし、それならついでに飲もうといったのが『忘年会』の初まりだったそうです。これが文明開化の流れとともに世間に広まり、当たり前の年中行事になったというわけです。ちなみに忘年会は日本独自の行事だそうで、その証拠にフランス語にもドイツ語にも忘年会に相当する単語はないと言われています。

※1 御用納め・・・仕事納めのこと。官公庁で12月28日に年内の仕事を終わらせることを指す。

忘年会に対する懐事情

ぐるなびの調べによると、平成最後の忘年会の平均予算は、職場関係では4,108円、プライベートでは4,517円となりました。
実際、1~2件の忘年会であれば参加も可能そうですが、それ以上となれば負担は大きくなる一方です。お誘いは嬉しいものの、何度も参加するには懐がちょっと・・・となりますよね。また、一次会だけで終わればいいのですが、二次会・三次会となると負担は増すばかり。男性であれば、三次会くらいにキャバクラへ行くパターンもあるのではないでしょうか?いくらボーナスが出たばかりとは言え、決して安くないキャバクラへ行くとお財布は寂しくなります。

《社会人編》

頭を抱えて悩むOL

「職場・仕事関係」「プライベート」の2つに分かれていますが、職場・仕事関係の忘年会で支払ってよいと思える平均金額が4,108円。一方、プライベートの忘年会については4,517円ということで、プライベートよりも職場・仕事関係の方が予算に対する見方は厳しくなっていることがわかります。
では今シーズン、何回くらい忘年会に参加する予定があるのでしょうか。参加意向を持つ人に具体的な参加回数を聞いてみたところ、「2回以上」と回答した人は65.6%。さらに「3回以上」という声も28.9%となり、複数の忘年会に参加する人がとても多いことが明らかとなりました。会社の忘年会、大学時代の友人との忘年会、家族の忘年会など、仕事や家族、サークル、友人等々、コミュニティ毎に忘年会を催すという声が目立ちました。

◆費用は自己負担?会社負担?

「会社の行事なのに忘年会の会費は自己負担なの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 会社全体の忘年会は、基本的に社員が全員出席するというのが前提です。福利厚生費の「もっぱら従業員の慰安のために行われる会や旅行のために通常要する費用」「飲食などのために要する費用」という規定にあてはまり、経費として計上することができます。部署内の忘年会も、会社によっては領収書を回せるところもありますが、こちらは会社から「部署ごとに忘年会を行うように」とお達しが出ているのかそうではないかで変わってきます。部署内で自主的に盛り上がり、みんなで忘年会をやろうという事になればこれは当然任意の忘年会=自己負担となってしまいます。
会社員にとって、仕事上の付き合いで参加する忘年会が自腹となると新入社員やパート・アルバイトの人は特になかなかの痛手となりますよね。それ以外に、友人や趣味の仲間との忘年会や新年会の計画があれば、なおの事、少ないお小遣いで毎月やりくりしているビジネスマンや、生活のかかっている一人暮らしの若者にとっては痛い話です。

《学生編》

財布を片手にアンニュイな女子大生

会社とは違い、学生にとっての飲み会費用は全て自己負担が当たり前ですよね。サークル、ゼミ、アルバイト先など、気の合う仲間と忘年会や新年会を開催する人も多いのではないでしょうか?忘年会などの飲み会は楽しみな反面、「正直出費がツライ…」という学生さんもたくさんいることでしょう。

・友達と2人で飲みに行くときの飲み会の平均単価は?

2,000円~3,000円の間がだいたいの相場だと回答した人が全体の半数以上を占めました。さらに2,000円以下と答えた人が21%いましたので、2人の時はあまりお酒を飲まないという人も。また2人で飲むときは、お店の雰囲気や料理にこだわらず均一居酒屋や格安飲み放題のお店を選ぶ人が多いようです。

・大人数の飲み会の場合の平均単価は?

こちらは先ほどとは異なり、約7割の人が2,500~3,000円くらいと解答しました。大勢で行くときは飲み放題付のコース料理を頼むことになるからか、解答に大きなバラつきは見られらませんでした。

では、学生は大人数の飲み会の場合、飲み会の参加費がいくらなら行くのでしょうか?こちらもアンケートを取った結果、「3,000円以内なら参加する」と答えた学生が6割という結果になりました。これは先ほどの飲み会の平均単価のアンケート結果が,2500円程度だったことを考えると、およそ8割の学生は「3,000円を超える飲み会には参加したくない」ということになります。
しかし、「送別会」や「歓迎会」など特別な意味を持つイベントなら予算に関わらず参加する、と答えた学生も多数いました。予算に関わらず参加したいイベントの第3位に選ばれている忘年会は、一年の締めくくりとして参加する人が多いから自分も参加するという意見が多かったです。月のアルバイト代やサークル・学業の優先順位、友達付き合いの広さなど人によって飲み会の参加頻度や考え方など大きく異なるようですが、やはり“一年の最後くらいは”と考え奮発する学生が多いようです。

年末年始を楽しむために、今の時期から稼ごう

鍋を囲んで忘年会・新年会を楽しむ男女

中学・高校時の友達や学校の友達、バイト仲間と飲みに行くことが多い時期がすぐにやってきます。年に数回しか集まれない仲間と会えるのに、お金が無くて自分だけ参加できないなんて悲しいですよね。そんな心配をしてる方は特に必見です!エイトソリューションでしっかり稼いで、年末年始をお友達とワイワイ楽しみましょう。今からでも十分に間に合いますので心配無用ですよ。

空いた時間で稼げる

学生生活って毎日色々と忙しいものです。 授業はもちろん、サークル、長期休暇となれば友達や恋人と遊びたいし旅行にも行きたいし、ゼミの人付き合いだって疎かにはできない。毎日忙しいのに「時間を割いてアルバイトなんてできるのか?」と考えたことがある人もいるかもしれません。 楽しい大学生活、交友関係が広くなればなるほど、それに比例してお金が必要になります。食事して、お茶して、飲み会に行ってと、一回一回の出費はそこまで高くなくても、一緒に行く友達が増えて、回数が増えれば出ていくお金ももちろん増えます。そのうえ昔の友達と久々に集まろうとなったら…?アルバイトでお小遣い稼ぎをしておけば、急な飲み会のお誘いなど、いざというときも安心ですよ。エイトソリューションなら高時給だから空いた時間にちょっとだけ、という人でもすぐに高収入を稼ぐことが可能です!

エイトソリューションの特徴

「派遣」という響きから「未経験者ができるようなお仕事はないのではないか」と感じる方も多いようです。派遣バイトとは「派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社から指示された仕事先に派遣される形態のアルバイト」です。 通常のアルバイトは実際に勤務するお店や会社へ面接に行き直接雇用契約を結んで働くことになります。しかし、派遣バイトは「派遣会社」へ登録へ行き、雇用契約を結ぶのは派遣会社になります。そして派遣会社からお仕事を紹介されて、職場へ実際に出向くことになります。
とはいえ、実際どういうものなのか分かりにくいし、気になりますよね。そこで、エイトソリューションに派遣登録している経験者の声を聞いてみました。

・シフトを自分の都合で決められる

なかなかお店や職場の都合もあって自由にシフトを決められない、自分のわがままを言いづらいというバイトも多いなかで、気兼ねなく自由にできるバイトはかなり貴重です。特に、授業やサークルなどの都合で予定が読みにくい学生なんかは派遣バイトだと、自分の大事にしたいこととバイトを両立しやすいはずです。また、忘年会シーズンなどどうしても休みたいときは前もって派遣会社の担当者に伝えれば、職場の上司の顔色を伺う気苦労もなしです。

・お給料が普通より割り高

同じお仕事内容でも、直接雇用と異なり派遣会社に登録すればお給料が時給にして100円~300円ほど高くなっています。1日6時間の週3回のバイトでも月に計算すると7,200円~21,600円も高くなるんですよ。かなりの差になりますよね。また週払いなどお給料日を待たずにもらえるシステムも、通常のバイトでは融通が効かないことがほとんどですが、条件を満たせばすぐに現金を手に入れられるのは派遣バイトの大きな強みですね。急な出費の際にも安心です。

・福利厚生も充実

派遣は交通費が出ない分お給料が高く設定されているところもありますが、エイトソリューションでは条件を満たせば、交通費の支給や保険の加入もできます。また立地の良い勤務先が多いため、学校の近く、家の近所、駅前など自分の生活スタイルに合わせて勤務先が選べるのは、忙しい学生にとっては時間を有効的に使えます。

・勤務先が一定

派遣で多いのが単発や短期の案件ですぐに職場が変わること。勤務地が変わると、まず場所を確認し、そこまでの道順や交通手段を確かめ、何時に家を出なければ行けないか逆算しないといけません。また新しい職場の人間関係など、意外とどんな職場でも人間関係は悩みの種。しかし、エイトソリューションでは希望が無い限り派遣先の移動はなく、固定だから煩わしいことが一切ありません。

短期・短時間で稼ぐならパチンコ派遣!

笑顔の三人の女性

いかがでしたか?他にも大きなメリットはたくさんありますが、大切な人と楽しい年末年始を過ごすにはお金と時間が必要なことは間違いありません。そのために、今の時期からでも少ない時間で効率的にお金を稼げるパチンコ店でのアルバイトをおすすめします。お仕事内容も複雑ではないため未経験・女性の方も安心してお仕事が可能です。学校の授業が忙しく「土日のみ」「早番のみ」「遅番のみ」「週2・3日出勤」などの働き方もできますよ!授業やサークルで忙しい学生さんでも働きやすいのは魅力の1つですよね。業種も勤務先も多々ありますので、ご希望に沿うバイト先が見つかること間違いなし。気になる方は、ぜひお気軽にお問い合せください。エイトソリューションで一緒に稼ぎ、素敵な年末年始を過ごしましょう。

記事投稿日:2018.11.23

ブログトップへ戻る

あなたにオススメの記事