パチンコ・スロットってなに? パチンコ店での仕事内容は?未経験でも勤務可能?

パチンコ

パチンコ店のスタッフって稼げる事は何となく知っている・・・。ただ、パチンコ店にすら入った事もないから、パチンコとスロットの違いが解らない!!!そんな私って働けるのかな?
不安に思うアナタ!!!!サクッとご説明させていただきますね。

■パチンコについて

パチンコとは、ガラス盤で覆われた機械の中に、直径11㎜のパチンコ玉を打ち込み、“スタートチャッカー”と呼ばれるところへ玉を入れ、数字を揃える(自動システム)遊戯台のことを言います。
お店の前を通ると4円パチンコ・2円パチンコ・1円パチンコ・0.5円パチンコと書かれているのぼりが立っているのを見たことがある方も多いと思います。では、なぜ4円パチンコ・2円パチンコ・1円パチンコ・0.5円パチンコとなっているのか?という点です。これは単純に、1玉の金額が4円・2円・1円・0.5円だからです。
では、ここでレートについてご説明します。

パチンコは1,000円札(以上)を用いて遊戯をします。【貸球ボタン】を押すと500円分のパチンコ玉が出てきます。ここで大事なことは、あくまでパチンコ店にお金を払って、パチンコ玉を〈借りる〉という点です。お金を払っているんだから〈買う〉というニュアンスではないのか?と疑問を抱くと思いますが、そこについては今回の記事では省略させていただきます。

●500円でパチンコ玉は何玉借りられる?

そこで上記にあるレートが関わってきます。

ここに書かれているように、4円パチンコでは500円支払う毎に125玉を借りることが出来ます。2円パチンコは250玉、1円パチンコは500玉、0.5円パチンコは1,000玉。これがレートとなります。

●同じ500円分ならたくさん玉が出てくる0.5円パチンコが勝ちやすいのでは?

単純に、何を【勝ち】と考えるのか次第になりますが・・・。確立も同じ機種(台)であれば4円で打っても0.5円で打っても変わりはありません。なぜなら、仮に等価交換で考えた場合、4円パチンコは1,250玉が出て交換すると、5,000円になります!!0.5円パチンコで5000円にしようと思ったら、10,000玉を出す必要があります。

という事は、
4円パチンコ⇒投資が大きくなる(可能性がある)が、返りも大きくなる(可能性が高い)
0.5円パチンコ⇒投資は小さくなる(可能性が高い)が、返りも小さくなる(可能性がある)

この【勝つ】事への価値は、人それぞれかと思います。基本的な考え方としては、ギャンブルは生涯で考えた場合、負けるものだと言われています。小さな勝ちでも楽しめる方は、小額投資の1円パチンコなどをオススメします。根っからのギャンブラーのあなたは・・・消費者金融の謳い文句みたいになってしまいますが、計画的に且つほどほどに遊ぶようにしましょう。

■スロットについて

では続いてはスロットについてです。
別名パチスロとも呼ばれ、カジノに設置されているスロット台に近いものになります。スロット台は、大当りを示すリールとストップボタンが3個あります。カジノのスロット台は自動でリールが止まるのに対し、パチンコ店に設置されているスロット台は遊戯者自身がストップボタンを押す必要があります。スロットには“目押し”という技術があり、回っているリールを見て、数字や子役を狙うこともできます。現在は、20円・10円・5円がスロットの主なレートになります。

こちらがスロットのレート詳細です。

少し話が脱線してしまいますが、過去に最大の売上・設置台数を誇ったスロット台をご存知でしょうか?2003年10月に62万台を販売した北斗の拳です。お店によって【北斗の拳コーナー】ならぬものもあったり、北斗の拳を設置していないお店が無かったりと人気の台でした。
今は、当時に比べると規制が厳しくなってしまいましたが、20万円勝つこともありました。また北斗の拳だけではなく、【押す!番長】【吉宗】といった爆発力の高い機種もたくさんありました。あぁ~懐かしい・・・(*´ο`*)=3

ではでは本題へ。

■パチンコ店の仕事内容について

パチンコ店のお仕事は、
・ホールスタッフ
・カウンタースタッフ
・コーヒーワゴンスタッフ
この3職種に分かれます。

今回は一番メインであるホールスタッフのお話をさせていただきます。

基本的な動作としては、ホール内を巡回(歩く)します。
その上で、
■パチンコで大当たりをしたお客様のドル箱を下げる
■出玉の交換作業
■台付近にあるゴミなどを回収しクリーンに保つ

ちなみに上記にあるドル箱を下げるという内容ですが、ドル箱に満タンのパチンコ玉が入るとどれくらいの重さになるかご存知でしょうか?私も長くパチンコ店で勤務していましたが、実際の重さを量った事はありません。ですが、だいたいの重さは解ります。その理由は、パチンコ玉1玉の重さは5.5gになります。1箱1600玉~2000玉(箱により異なる)が入りますので、約9kg~11kgの重さになります。
勤務して2~3日は重いなぁ~と思いながら持ちますが、それを超えると、不思議と重いとは思わなくなるのです。むしろ私は女ですが、3~4箱を持つ事もありました。ただの怪力ではなく、勤務していくうちに持ち方のコツを掴みますので、重く感じないように持ち上げる事が出来るようになります。ただ、持ち方を間違えると、本当に危険でしかありません。腰・肩・背中・首・足を痛める事になります。

■腰や足を痛めない持ち方ってあるの!?

こちらはヒントでも何でもありません。
腕の力だけで持つのではなく、
●しっかり足を踏み、膝を曲げる●
これに尽きるかと思います。

何より新人さんが腰を痛める理由は2点です。
①お客様に遠慮して、お客様とお客様の間に踏み込まないから。
②今まで使わなかった筋肉を急に使ったから。

このように理由を知ってしまうと、腰を痛めない方法も理解出来ます。

遠慮なんていりません!!
もちろんガンガンお客様にぶつかって良いわけではありません。お客様もパチンコ店で働く人に対して『凄いなぁ~』と感心しています。だったら、とびっきりのSMILEで、『あいだ失礼しま~す』と大きな声で、お声を掛ければいいのです。9割のお客様は、踏み込みやすいように、身体を動かしてくれます。その後は、とびっきりのSMILEで『ありがとうございます~』と言ってみましょう。今までと比べ物にならないくらい、ドル箱の扱いが楽チンになっちゃいますよ。

そして仕事が終わったあとは、早くお布団に入って休みたいところですが、しっかりとお風呂で腰を温めてください。湯船につかって温めるのがBESTです。これをしっかり行うことで、腰を痛めるリスクを減らせます。

応募くださる方の中には、パチンコのルールさえ知らない。と不安になられる方がいます。でも、パチンコやスロットのルールを知らなくても、働けます!!むしろ働き始めたことにより、打ちに行くようになったという声も聞きます。もちろん『ほどほどにしときや~』と声を掛けさせてもらいます。せっかくお仕事しているのに負けが立て込んでしまっては本末転倒ですよ!!

弊社スタッフは、登録から入店、その後までしっかりフォローをさせていただきます。もし勤務してみて『続けられる自信ないなぁ~』と思った場合は遠慮せずに仰ってください。各担当者がしっかりフォローします。

またパチンコ店勤務未経験だけど、働いてみようかな?とお考えなら、是非、エイトソリューションまでご相談ください。無理なく稼げる方法をご提案させていただきます。

記事投稿日:2018.03.15

ブログトップへ戻る

あなたにオススメの記事