キャバ嬢が指名UPのために使うべき「さしすせそトーク術」とは

キャバクラ嬢にとって、指名はお給料UPに繋がるためとても大切なことですよね。「キャバ嬢になったけどなかなか指名数が上がらない…。」「これからキャバ嬢になろうと思っているけど指名って取れるのかな?」そんなお悩みを抱えている女性は必見です!

売れるキャバ嬢に必要な8つの要素

まず、キャバ嬢が指名を獲得するために必要なことって何かご存知ですか?

  • ①顔が可愛い
  • ②明るい性格
  • ③色気がある
  • ④素直さ
  • ⑤前向き(ポジティブ)
  • ⑥マメに連絡ができる
  • ⑦空気が読める
  • ⑧頑張り屋さん

「顔が可愛い」はお客様の好みにも左右されるため、普通の女の子でも大丈夫!他の要素もそこまでハードルが高いものではありません。でも、「空気が読める」ことはちょっと難しく感じる方もいるのではないでしょうか。そもそも空気を読むとはどういうことなのでしょうか?

空気を読むとは

その場の雰囲気から状況を推察する。特に、その場で自分が何をすべきか、すべきでないかや、相手のして欲しいこと、して欲しくないことを憶測して判断する。

つまり、キャバ嬢の場合は「お店に来たお客様にどう対応するか」ということ。接客や会話がお仕事となるキャバクラでは重要な要素。お客様のモテたい・カッコつけたいという気持ちをいかに満たせるか?が指名獲得のカギとなります。

トーク術が肝心。効果的な相づちって?

お客様に気に入ってもらいたい!という気持ちが先行して、グイグイ話をしたり根掘り葉掘り聞き出そうとしてしまうキャバ嬢は少なくありません。しかし、これはトーク術としては失敗です。キャバクラに来る男性の多くは、あなたの話を聞きたいのではなく「話を聞いてもらいたい」と思っています。自分がいかにデキる男か、こんな俺カッコイイ、ちやほやされたい、そんな願望を少なからず持っているのです。それなのに、全然話を聞いてくれない、話したいことを聞いてもらえない、なんてことになったら一気に冷めてしまいます。
売れている・人気の高いキャバ嬢は聞き上手なんです。とはいえ、ただお客様の話を黙って聞いているだけだったり、「ふ~ん」なんて愛想のない相づちではNG。適度に的確な相づちを打たないと「聞いてるの?」となってしまいます。稀にマシンガントークをするお客様もいらっしゃいますが、その場合は目を見て微笑みながら「うんうん」と首を縦に振りましょう。話が一区切りしたら「そうなんですね!」「スゴイです♪」なんて言えるとベストです。
話をたくさん聞いてもらえると、人は相手に好感を持つもの。会話中に頻繁に相づちを打ってトークを盛り上げることで、お客様は嬉しくなり気分も良くなります。またこの子に話を聞いてもらいたい、また会いたい、と思ってもらえるのです。

「さしすせそ」でトーク上手に♪

「ある程度の相づちはしてるから大丈夫でしょ♪」
「あれ?でも指名してもらえてないんだけど!?」
そんなあなたは、単純相づちだけで満足していませんか?

単純相づちじゃダメなの?

そもそも単純相づちとは、「うん」、「はい」、「そう」、「へぇ」、「なるほど」、こういった一言だけの短い相づちのこと。単純相づちは相づちの基本中の基本なので、使うこと自体が絶対NGというわけではありません。でも、それだけではトークの盛り上がりに欠けてしまいます。「話を聞いてくれるし楽しいけどなんだか物足りない…。」という現象に。そこで取り入れたいのが『さしすせそトーク』というわけです。

「さしすせそトーク」って?

主に和食での調味料の「さしすせそ」(砂糖・塩・酢・しょうゆ・味噌)なら知ってる!という人もいますよね。ではトークにおける「さしすせそ」が何かご存知でしょうか?

  • さ:さすが!さすがですね!
  • し:知らなかった~!知らなかったです~!
  • す:スゴイ!すごいですね!
  • せ:センスいい~!センスいいですね!
  • そ:そうなんだ!そうなんですね!

実はこれ、モテる女性のトーク術でもあるんです。疑似恋愛を売りとするキャバクラでもその効果はバツグン!お客様との会話の節々に取り入れることで相手の気持ちが高ぶり、あなたの好感度はグンッとUPしちゃいます♪「さしすせそトーク術」をしっかり覚えて、あなたもモテモテなキャバ嬢になっちゃいましょう。

トーク術を駆使して指名UPを目指そう

指名の多いキャバ嬢と乾杯

ここまでキャバ嬢が使うべきトーク術についてお伝えしてきましたが、いかがでしょうか?今まではボーっとお客様のお話を聞いていただけというキャバ嬢は、この機会に接客内容を見直しましょう。でもちょーっと待った!単に「さしすせそトーク術」を取り入れれば良いってわけではありません。

合わせ技で効果UP♪

さしすせそトークの効果は期待できますが、これだけでは「この子、これしか言わないな~」「営業トークかな?」なんて勘付かれてしまいます。そこで実施するのが、前述した単純相づちとの合わせ技!お客様の目を見ながら「うんうん♪」と言いつつ、合間に「そうなんだ!」などを入れる合わせ技で効果を上げちゃいましょう。「こんなに興味を持ってくれるなんて!」「この子は俺に夢中だな~」と思わせられること間違いなしですよ。

承認欲求を満たす

そしてさらに効果を上げるなら、相づちだけでなく身振り手振りも大切。「うんうん」と頷く、「へぇ~!そうなんだ!」と言いながら驚いた表情で口元を手で抑える、「すご~い!!」と言いながら軽く拍手をするなど、身振り手振りを取り入れることでお客様の承認欲求を満たすことができるんです。これは動くことで視覚から相手を認めているというサインを伝え、視覚から得たシグナルを脳が受信して「認められた」と判断するため。
人間は誰しも、多かれ少なかれ承認欲求を持っています。この欲求が満たされると満足し、相手に好感・好意を抱くのです。こうした人の心理を上手く利用することで、トーク術もキャバ嬢としての人気も上昇しちゃいますよ。

とはいえ、一気にすべてを取り入れるのは難しいかもしれません。そんな人は、まずは単純相づちからはじめてみてください。その次は身振り手振り、その次にさしすせそトークを取り入れる…というように少しずつでOK!焦って失敗してお客様を掴めなかったら大損です。できることから実施しましょう。
「え~なんか面倒だしな~」なんて思ったそこのあなた!何もしなくても稼げるなんて都合のいい話はありませんよ。お店にいるキャバ嬢はあなた一人ではないのです。少し頑張るだけでお客様が増えて指名も増える。あなたがちょっと頑張っただけでお給料がどーんっと増えるんです!稼げるキャバ嬢になるために、トーク術をうまく取り入れて指名UPを目指しましょう。

記事投稿日:2018.02.28

ブログトップへ戻る

あなたにオススメの記事