バレンタイン大作戦♪2月の閑散期でも稼ぐキャバ嬢になるには

キャバ嬢のバレンタインテクニック

クリスマス・忘年会・新年会と怒涛のような年末年始が過ぎ、なんとか乗り切った!とホッと一息ついているキャバ嬢もいるのではないでしょうか。筆者も年末年始は飲み会やイベント続きで大変でした。お正月には従甥・従姪(じゅうせい・じゅうてつ/いとこの子供たち)にお年玉をあげてお財布もスッカラカンです…。
それはさておき、季節はもうすぐバレンタインですね。でも2月ってキャバクラ店にとっては閑散期なんです。なぜなら世の男性陣も筆者と同様、年末年始に出費が多くて財布の紐が固くなってしまう時季だから。「えー?じゃあ稼げないじゃん。」って思いますよね。しかしそんな時季にも関わらず、バレンタインを上手く活用して稼ぐキャバ嬢は多数いるんです。そんな彼女たちのテクニックを見てみましょう。

バレンタインまでにキャバ嬢がするべき3つのこと

まずはお客様に来店していただかないといけません。そのため、遅くても2月に入ったら営業メール・LINEをしましょう。でも、ただ単に「バレンタインにチョコ用意してるから来てね♪」なんて言っても、お客様には営業だとバレバレのようです。


バレンタインにお客様に来ていただくには、営業にもひと工夫が必要というわけです。では何と言えば効果的なのでしょうか?

1.男性が行きたくなる営業メールを送る

前述したとおり、バレンタインに来て欲しいと言うだけでは来てもらえません。できるキャバ嬢は、バレンタインイベントの何日も前にこんなメッセージを送るようですよ。

『今度お店でバレンタインイベントがあるから、はりきって手作りチョコ作るの♪日頃の感謝を込めてプレゼントしたいから遊びに来てね♡』

『◯◯さんは甘いお菓子は好きですか?◯◯さんのためにお菓子を作ろうと思ってて♪』

こんな風に言われたら男性はデレデレ。たとえ営業だろうなと思っても、自分のために手作りをしてくれるなんて!と足を運びたくなるのだとか。

2.手作りと言って市販品を用意する

営業メールで「手作りチョコを用意する」と言ったものの、本当は作れない・作る時間がない!という女性もいますよね。稼ぐキャバ嬢のほとんどは、手作りと言っても実際は作っていないケースがほとんど。成城石井やドン・キホーテなどで売られている安いけどお洒落で大量に入っているチョコレートやクッキーを購入し、100円ショップで買ったラッピング袋に詰め替えればOK!他にも、コンビニで買ったガトーショコラを使ったなんて声もありました。

3.チョコは大量購入しておく

お客様へのバレンタインチョコは余るくらい用意しておくのがベスト。もし足りなかったらあなたの好感度はだだ下がり確定です。「せっかく来たのにチョコ用意してないのかよ。」なんて思われてしまいます。もう二度と指名されない・来店してくださらない、なんて最悪の事態にもなりかねません!そんなことにならないために、余ってしまうくらい用意しておきましょう。もし余っても、普段のオヤツにしてしまえばOK。そのため、自分が好きなチョコを用意するというキャバ嬢も少なくありません。

バレンタインに人気の市販チョコレート

クリスマスが終わり年末年始も過ぎると、人気のショコラティエ特集をテレビで見かけるようになり、百貨店などでバレンタイン商戦がはじまります。太客やVIPには特別感のあるチョコをプレゼントしたいですよね。そこで!今のうちに人気チョコレートをチェックしておきましょう。

●GODIVA(ゴディバ)

不動の人気を誇るショコラ会の絶対的王者!と言っても過言ではないゴディバ。スイーツに詳しくない男性でも知らない人はいないというほど有名なので失敗することもないでしょう。毎年バレンタイン限定のチョコレートアソートが販売されるので要チェックです。

●JEAN-PAUL HÉVIN(ジャンポールエヴァン)

ゴディバと並ぶ有名な高級チョコレート店。関西には今のところ京都にしか店舗はありませんが、公式サイトからオンライン購入も可能です。また、百貨店の催事に出店されることも。

●WITTAMER(ヴィタメール)

ベルギーで創業された老舗のショップで、ベルギー王室御用達としても知られています。特にチョコレートには定評があり、上品で濃厚な味わいと重厚感漂うパッケージはまさにバレンタインにおすすめです。

●Lindt(リンツ)

こちらはスイスのプレミアムチョコレートブランド。トリュフボックスなどくちどけの良い正統派ショコラが多く、成城石井などでも見かけます。オンラインショップでは詰め合わせなどもあるので、小分けにして何人かに配るのもアリですね。

●京都 宇治 伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)

ちょっと変わったチョコレートを渡したい人におすすめ。石臼引きの宇治抹茶を使ったスイーツは印象に残ること間違いなしです。チョコレート以外にもカステラやお饅頭など和菓子も豊富にあるため、和菓子好きのお客様に選んでもいいでしょう。

●その他

チョコレートやクッキーなど甘いお菓子は苦手というお客様や極太客には、ブランドネクタイやネクタイピン、ハンカチなどちょっとした小物をプレゼントするとスマート。「◯◯さんのお仕事が営業と聞いていたので」「このブランド好きって言ってたでしょ?」など言えると「俺の言ったこと覚えてくれてたんだ♪」「こんなに俺のことを考えてくれるなんて!」と喜んでもらえますよ。

お客様への効果的な渡し方

お客様にバレンタインチョコを効果的に渡す方法

さて、これで事前準備は完了です。あとは当日お客様にお渡しするだけ。でも「はい、バレンタインチョコ♡」なんて普通に渡しても、これといって印象に残りません。お客様にまた会いたいと思ってもらえるキャバ嬢になるために、効果的な渡し方をしましょう。

キャバクラでは、「いかにフリーのお客様の印象に残るか」「本指名のお客様に喜んでもらうか」がキーとなります。この2点を抑えた渡し方と接客をすることが必須。
時間や余裕などさまざまな理由で手作りは難しいかもしれませんが、男性は手作りというワードにときめくもの。嘘でも嘘と思わせないように「作ったの♡」と言う必要があります。

また、他のお客様にも同じようにしているんだろうと思われないよう差別化しなくてはいけません。他のテーブルにも同じラッピングのチョコが置かれていたらお客様はガッカリしてしまいます。少し手間ですが、100円ショップでもいいのでバラバラのラッピングを用意しましょう。

キャバ嬢からバレンタインチョコをもらった男性の声

お気に入りのキャバ嬢にチョコもらった!俺だけ包みが豪華で、もしかして?って期待してしまう。(大阪市中央区 32歳 歯科技工士)

どうせドンキで大量買いだろ?って思ったら手作りのガトーショコラもらってビックリ。マジで嬉しい(笑)(大阪市天王寺区 28歳 設計士 )

手紙付きのバレンタインチョコくれた。そういうとこ可愛いんだよなぁ…。(大阪府高槻市 37歳 会社員)

甘いもの苦手って覚えててくれたらしくネクタイをいただいた。さすがナンバーワン嬢!いつでも会いたい女だわ。(奈良県生駒市 42歳 大学教授)

「いつも本当にありがとうございます♡」って本気で感謝されて通ってて良かったって思ったわ。お返しは奮発するぞ!(大阪市西区 34歳 会計士)

なんでキャバ嬢はバレンタインに力を入れるの?

ここまでキャバ嬢のバレンタインについて力説してきましたが、そもそもなんでそこまで頑張るの?という疑問を持った方もいますよね。閑散期である2月に指名を獲得するためなのはもちろんですが、バレンタインの次は3月のホワイトデーがやってきます。そう、このホワイトデーに向けての前準備でもあるわけです。キャバ嬢からバレンタインチョコをもらったお客様は、どうしてもホワイトデーのお返しを考えます。ロクシタンなどのハンドクリームやスキンケア用品、高級ブランドバッグ、アクセサリー、なかには車やマンションをもらった!なんて羨ましい声も。

ただし、「お返しがしたいから◯◯ちゃんの仕事帰りに食事に行こう。」なんて言ってくるお客様もいますが、これはつまり同伴じゃなくプライベートで会いたい、店外デートがしたいということ。この場合は「え~同伴してくれるの~?うれしい~!」などと返しましょう。あくまでこちらは同伴ですよというスタンスが大事。同伴じゃなければバックもないし、お店にも来てもらえませんからね。

バレンタインで失敗したキャバ嬢たち

ここまで見ていると、キャバ嬢はバレンタインやホワイトデーにさぞや稼いでいるのだろうと思いきや、失敗して散々な目に合っている人もいるようです。
たとえば、チョコあげるって営業メールしただけでキレられた。コンビニの安いお菓子を詰め替えて渡したら二度と来なくなった。など、失敗談も多数寄せられています。

他にも

・フリー客のことを忘れてて用意したチョコが全然足りずドン引きされた
・太客にも他のお客様と同じものを渡したら不機嫌になった
・ホワイトデーに何も貰えなかった…チロルチョコあげたから?

なんて痛~い嘆きの声も続々。いや、そりゃお客様を怒らせますよ。バレンタインにやらかしたキャバ嬢に待っているのは2月以降も稼げないという現実…。みなさんはそんなことにならないよう、今からしっかり準備しておきましょうね。

バレンタインを利用して指名を勝ち取ろう!

バレンタインを活用して指名をキープしましょう

いかがでしたか?バレンタインはキャバ嬢も気合を入れなければいけないイベントのひとつです。フリーや細客には大量購入品。でもラッピングは安くても別々に。太客には特別感のあるプレゼントを。そしてなにより、どのお客様にも来ていただいた感謝の気持ちを添えることを忘れずに!「どうせお返しも安物だし」「イベントポイント稼げたらいいし」そんな思いはお客様に透けて見えます。お客様あってのキャバ嬢のお仕事だということを念頭に、バレンタインもその後もしっかり指名客をゲットしましょう♪

この記事を読んで、キャバクラのお仕事に興味を持った女性はいませんか?未経験だとお店選びに迷ってしまいますよね。ぜひエイトソリューションにお手伝いさせてください!あなたの条件に合ったお店がみつかるよう、スタッフが全力でお力添えさせていただきます。ご相談・お問合せだけでもOKです。お気軽にご連絡くださいね。

記事投稿日:2018.01.04

ブログトップへ戻る

あなたにオススメの記事